カステーラは四百年余りの歴史を持つ伝統ある南蛮菓子
です。ルーツはポルトガルの”Pao de lo”であるとされ
西洋医学の到来と共に、日本の地にもたらされました。


その後菓子職人達が改良を加えて、日本のカステーラへ
と変化してきました。 カステーラの語源は、その製造
過程で、卵白がお城の形の様に泡立つことを菓子用語で
“キャスティーヨ”ということや、スペインの地方都市の
名である “カスティーリャ” にあるといわれています。


長崎堂のカステーラの原材料は卵・小麦粉・砂糖・水飴
のみ、とてもシンプルな材料で作られます。
厳選された素材を用い、焼粉を使わず、卵や砂糖、素材
のもつ本来の力を活かして、自然に焼き上げています。
また保存料や添加物は一切使用せず、素材のもつ風味を
活かし、長崎堂独自のカステーラに焼き上げています。


美味しいカステーラは、よい素材だけでは作ることがで
きません。九十余年の歴史で培われた、熟練の技を持つ
カステーラ作りの職人達が、安定した品質を保ちながら
お客様に美味しいカステーラをお届けできるよう、日々
の努力を惜しまずに、心を込めて焼き上げて参ります。