大正八年創業、初代荒木源四郎が長崎より浪華の地に竈を築き今日に至るまで、長崎堂のカステーラは幾星霜、先人が築いた歴史と伝統、熟練の技術を受け継いできました。

 

純良な材料の持つ味わいを大切にしつつ「母親が子どもに食べさせる気持ち」そんな素直な思いを込めたその心は、今尚、浪華のれんの銘菓として、賛辞を賜っております。

 

長崎堂が紡いだ歴史は、間もなく百という年を数えます。時代は変わっても、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、これからも菓子作りの良心を大切にして参ります。

 

株式会社 長﨑堂

代表取締役 荒木貴史